これからの時代「貧富の差=寿命の差」になるんじゃね?

忘れられない授業がある

それは、中学の家庭科の授業

ある時、家庭科の先生が

冷蔵庫にある、加工食品をなんでもいいから次の授業の時に持ってくるように!

と言った。

なんのこっちゃ?

と、思いつつ

私は・・・ハムを持って行ったように覚えている。

先生は授業が始まるとおもむろに、みんなが持ってきた食品を見て回って

裏をひっくり返して

いわゆる

原材料表を見ながら

はい!この赤色3号『毒!!」
この着色料、乳化剤、保存料、香料
全部『毒!!!』

と、裏を見て読みながら教室を回ってん・・・💧

でね

昭和32年以降に生まれた人は気をつけなさいよ!
あんたらのことやで!!

とも

理由は、食品添加物が始まった年が昭和32年

この授業を受けたのが、私14歳で中2やってんけど

でもさ・・・
国が国民に毒を盛るようなことはしないだろうから
先生の考えすぎちゃうのん?

なんて、思ってた

いや〜〜〜

盛るね〜〜っ!

国、国民に毒も盛れば嘘もつくね(>_<)

今、寿命がどんどん伸びてって

100歳を超えてる人は国内に10万人いる・・・と言われているし

今後もますます、寿命は延びる・・・という話も出てるほどだ

が、本当にそうか?

私は、このますます寿命が延びる・・・には疑問を感じている。

うーーーん

確かに、そうかも知らんけどな〜〜〜

うーーーーん・・・

私が予想するのは

貧富の差=寿命の差

になるんじゃね?

ということ。

うちの両親は昭和1桁生まれやから

昭和32年の段階では立派な大人になってた。

戦前戦後を生き抜いた人たちだ。

正直、毒がなかったから

何にも考えなくても自然の物だけで大人になるまでの体を作ってるんだよ。

確かに、戦争もあったし

貧しく、栄養不足だとも言われている

だけどね?

めっちゃ元気やで

認知症にはなってるけど、体は元気やで

私より元気なんちゃうか?と思うほど元気や。

精神力も違う。

さすが、物が不足している時代に戦争を超えた人たちは

細胞レベルの根性の座り方が違う。

感覚的な話をして申し訳ないけど

昭和1桁生まれ以前の方たちは病床においてもしぶとかった

かたや、昭和20年以降に生まれた方達は、あっけない感じがした・・・💧

ほんま、感覚的すぎて申し訳ないけど

どこの看護師さんも感じてるんちゃうかなあ?

なんやろ?なんていうか・・・

・・・なんしか、弱いねん・・・(–:)

子供の頃は車もなくて、山を二つ超えて尋常小学校に通った・・・とか

小学生で小鳥を狩って焼いて食べたり(男子)

食べられる草花を採取したり、きのこを採ったりする(女子)のが

遊びだった人たちだ

軽くサバイバルできてるよね!(^^)!

でね

今なら分かるんだ。

家庭科の先生が言った言葉の意味がね

だけどさ、私たちの周りには

美味しい毒だらけなんだよぉぉぉぉ

そして、何十年分を食べた頃に病気になるんだよぉぉぉ

だから、何が毒なのか分からないんだ・・・(>_<)

経済的に余裕のある人たちはインテリジェンスの高い人が多かったりもする

食べ物に限らず、質の良いものを選ぶ傾向にある。

だって、購入できるだけの経済力があるから!

ついでに、私立の保育園は『食育』がすごい!!

お弁当に加工食品を禁止しているし

夏休みのおやつは「にぼし」だと言って、天日干しの「にぼし」

を母親に渡してるで。

さらにうちの前田くん(高校教師)が面白いことを言ってた

学食でラーメンとカレーをしょっちゅう食べてる子はアホが多いねん

なんで?栄養素が関係してるのん?

と、聞くと

まあ、無いとは言えへんけど、それより親の子供に対する関心やろうな。
賢い子は、きちんとした物を食べさせてもらってるし、手をかけてもらえてんねん。
定食選んでる子は学力が高い子が多いで

だってさ

これって・・・・

すごくない?ってか

怖くない?

学力にまで影響してるんだよ。

というわけで

貧富の差=寿命の差

という結論に至ってるわけですっ。

食品添加物の発展で

食中毒は減ったもんね。全部がダメ!だとは言わないけど

会社の利益追求に走りすぎてたり

他国の圧力もあったりしてると思う。

ただ、そんな環境の中で生きてるんだ。私たちは!!

って、ことは知っておいた方が良いし

毒が周囲にある・・・てことを知れば

少しは、勉強しなきゃいけないよね。

身を守るために!

(こんなにたくさんのヒーローいらんから、誰かに守ってもらいたい(笑)

ってことだ。

マスコミの話を鵜呑みにしちゃう、考えなしになったらあかんえ〜。

アホになるで〜

自分の頭で考えようなっ!

私の、この文章も疑おう〜〜!(笑)

ってことで、実りの秋ですから

旬な物を美味しくいただいて英気を養いましょな〜(^^)/

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

サロン【asante】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.06-6930-8909

予約フォーム

ページの先頭へ