『痛い施術』がダメな理由

リンパマッサージのお店をやってます

と、初めてお会いする方にお伝えすると

わ!興味あるんですよ〜〜
でも、痛いんですよねっ💧

と、よく言われる。

私は、他店さんの施術を受けた事がないけど

どうやら

『リンパマッサージ』=『痛い』

という常識があるようだ・・・

(↑ネットより拝借)

リンパが詰まってると痛いのよね〜

確かに、そうやけど

痛い施術はダメー!!

こんな事言うと、ケンカを売ってるように思われそうやけど(売ってないよ)

痛い施術を提供しているお店は知識不足やと思うわっ!

痛い施術が身体にどう影響しているのか?

看護師時代、おなかの手術をした人達が

お腹が太ってることに気づいた事がある。

ああ・・・傷つけられたから
脂肪が壁をぶ厚くすることで、内蔵を守ろうとしてるんかもな・・・

と、感じた。

麻酔がかかってるから、本人は手術中の痛みを知らない

だけど、メスで皮膚を傷つけた瞬間から『痛み』血圧が上がるんだよ

本人は痛みを覚えてないけど、身体は知ってる。
細胞は、傷つけられたことを覚えてるんだよ。

そもそも、傷をつけると痛みのために血管は収縮する。

そのために血圧が上がる。

これ以上、傷つけられまいとして

筋肉も収縮する。そうすると硬くなるから

メスが入りにくい。

だから、筋弛緩剤を使用して筋肉をだらんとさせる必要がある。

でも、そうすると呼吸筋も弛緩してしまって息ができなくなる。

だから、呼吸器を使って手術中の呼吸を確保するんだ。

心臓だけは、筋肉の種類が違うから

筋弛緩剤が効かない。

麻酔がかかってても、筋弛緩剤を使っても

心臓だけは、きちんと動き続けてくれる。

というわけで手術が可能になってるんだ。

すごいっ!

私達の意識が無いところで、体の組織はちゃんと私たちを生かすために

健気に働いてくれている。

そんな健気な体を痛めつける・・・ってどうよ?

多少の痛みならともかく

内出血を伴うような施術って・・・毛細血管を破ってるんだよ!

硬くなってる筋肉を揉む事で、その場は楽になるかもしれないけど

さらに硬くなって、『コリ』はますますひどくなっていく・・・(>_<)

脂肪潰し・・・ なんてお店も流行ってるみたいやけど

私の経験上では

やっぱり、その時は痩せるけど

あとで、さらに落ちにくい脂肪が作られてる・・・(>_<)

そして、量もさらに増えてる・・・(>_<)

これもみんな、体を守ろうとしてくれてんねんで

尊敬できる技術者の先生達

みんな口を揃えて

『痛いのはダメですよねぇ・・・』

と、おっしゃっている。

知識の無い先生達

『痛い技術に走ってる・・・』

なんじゃそりゃ?

マスコミも悪い!

痛がってる方が、面白いからか

痛いけど、効果がある!

という施術をもてはやしがち・・・

いや・・・ほんま、勘弁してよ。

被害者増えるだけやん・・・

って、私は思ってる。

痛いのが好きな人は行けばいいけど

『痛い方が効果ある!』という勘違いで施術を受けるのはやめようねっっ!

 

これ以上は、長くなるから語らないけど

心も傷むから!!

これを読んでる人は絶対、痛い施術は受けちゃダメーーっ!

心地よく、毎日を過ごしましょな〜

ではでは

今日も素敵な「今」をお過ごしくださいね(^^)/

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

予防医学サロン【asante】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.06-6930-8909

予約フォーム

ページの先頭へ