売り上げが上がらないセラピストさんの共通点 Vol.1

え〜と

誤解をされることを覚悟の上で言う!

セラピストさんって

『癒してあげたい』

『良くしてあげたい』

『楽にしてあげたい』

って思ってるやん?

まあ、基本はそれで良いし、当たり前のことやとも思う。

私もそう思ってるよ。

だけどね、その気持ちが強すぎると

かえって「ダメ」やねん。

その気持ちが「邪魔」やねん

って言うか、あえて言うけど

「気持ち悪い」ねん!

 

今、プロコースの講座が始まってるんやけど

元同僚の看護師さんで。

この3月に仕事を辞めるので

自宅でサロンを始めたい・・・と

で、ベーシックコースは以前受講してもらってたんで

復習〜

と、やってもらったら

えらい、違うことになってた(笑)

どうしても、自己流になってしまうんだよね(^^;)

で、良い方に自己流やったらいいんやけど

悪い方に自己流・・・

それが、前述した

『良くしてあげたい!』

が、強すぎるねん(>_<)

で、すかさず私が言ったのは

あ〜
良くしてあげよう。とか
楽にしてあげよう・・・とか
邪魔やから
淡々とやって

そしたら、当然っちゃあ当然なんやけど

え〜〜〜〜〜〜っっ!?
そうなんですかっっ?

と、驚かれた・・・(^^;)

ま、そりゃそうだよね

良くなって欲しいし

楽になって欲しいし

サイズダウンもしてて欲しいし

小顔や、リフトアップもしてて欲しい。

うんうん。そりゃあそうなんだけど

その気持ちが強すぎると『執着』になってしまうんよ

このコリをどうにかしたい・・・に、執着しちゃうと

そのコリを追っかけてしまったり

まあ・・・

「あげたい」=「欲しい」

わかるかな?

最初に書いたのは

「楽にしてあげたい

後は

「楽になって欲しい

だいたい、

あんなにしてあげたのに・・・

こんなにしてあげたのに・・・

って、よく聞く言葉やけど

あげたのに・・・の後は見返りを期待してるんよ。

だから、『欲しい』

って訳

わかるかな?

特に、私たちは肌に触れる仕事やから

お客様は敏感にその『もの欲しさ』を察知する。

その『欲しい』は

きっと

感謝の言葉が欲しい・技術を認めて欲しい・役にたつ存在だと思って欲しい・・・

みたいな感じ?

あ〜〜〜〜

うっとおしい・・・(–;)

このうっとおしさが伝わるんだよね。

だから、リピートしてもらえなかったりするねんなぁ

ただし!

これはあくまで、施術中のことやねん。

施術前後は、きちんとお客様の希望を聞いて

その希望を、できれば上回るほどの結果を出す!

と言うことに、徹するんやでっ!

うーーん

この、微妙なニュアンス・・・

伝わってるかなあ?💧

だいたい、「癒してあげたい」と思ってる人は

そもそも「癒されたい」と思ってる人が多い

心理カウンセラーになりたがる人も同様な感じ多いなぁ・・・

それが悪いわけではないんやけど

お客様や、クライアントに無意識で依存しちゃってるんだよね。

ここは、ほんま

気づかなきゃいけないところ!!

このことは、実は、売り上げを上げるために

かなり重要なんで書いてみた。

けど

抗議したい方は是非直接会った時にでも文句を言うてきて(笑)

ではでは

今宵も、素敵な「今」をお過ごしくださいね〜(^^)/

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

サロン【asante】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.06-6930-8909

予約フォーム

ページの先頭へ