愛すべき婆さんたちVol.1(看護師時代の話)

私が山口県で看護師をしていた頃(20代)

当時80代のおばあちゃま方が入院してこられた時に

必ず聞いていたことがある

それは

何歳の時に結婚したの?
ご主人とはどうやって知り合ったの?

ということだ

                   (↑画像はネットから拝借)

なぜか?というと

この年齢の方(今なら100歳代)たちは

見合いすらしてないことが多かったもんで

時代のギャップを痛切に感じることができたし

そのことで、自分たちと比較するやん?

その比較から気づきも多かったんよね〜

ある、おとなしい

おとなし〜〜い、おばあちゃまに

「何歳の時に結婚したの」

という質問をした時のこと

彼女は

わしゃあ18

と、答えた

そんなに早くに結婚したんやね〜
どこで知りおうたん?

ありゃあ、結婚式の日に
仲人が連れて来た

そーなん!?
それで、仲良くできるの?

女はの
行って抱かれりゃあ、それで終い(しまい)
あなたも、早く行ってお抱かれなさい

と、言われた・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

ふ・・・・・深いっっ!

いや、待て!待て!!

そんな、簡単に行って抱かれる訳にはいかんよぉぉ

終いってぇぇ(笑)

しかも、それをお勧めなさる・・・

ん〜〜〜〜

この価値観

わからんっっ!

っていうか、分かりたくないっ(笑)

もう、結婚したら最期

自分の気持ちで離婚なんて許されなかった時代

子供を産めなければ

「石女(うまずめ)」と呼ばれ離縁されることはあるものの

その原因が男性にあったとて

女性の方に責任があるとされた時代・・・

よ・・・よかった〜〜

今、でよかった〜〜〜

と、思う反面

離婚率は低かった

出生率も高かった

産めよ。育てよ。

の、時代

国家の成長としては、これはこれで良かったのかもしらんな〜。

いやでも、大家族

寂しい。なんて思う暇もなかった

旦那のお世話。子供のお世話に

大忙しだったであろう、その時代の女性たち。

家電もないんだから

家事に追われてたことだろう・・・

            (↑ 画像はネットより拝借)

女の分際で、学問なんか要らん!

と、言われていた時代なんやろな〜。

なんて、思いを馳せると

この時代に生きているということだけで幸せ❤️

女性が自由に発言できて、仕事ももてて

経済的に自立できる時代❤️

マーベラス!

好きな男性と結婚することも許されている(そして、離婚率が高い(笑)

 

さて

もそっと、ネタがあるので

おばあちゃまたちの話をまた書きますわね〜

ではでは、自分の人生を謳歌できることに感謝しつつ

素敵な「いま」をお過ごしください(^^)/

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

予防医学サロン【asante(アサンテ)】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.06-6930-8909

予約フォーム

ページの先頭へ