エリ先生ってこんな人

こんにちは

エリ先生こと

前田えりこです!(^^)!

私は元看護師のリンパセラピスト(現役ではないけど資格は今もある)です。

看護師時代のこと

そもそも、看護師になるきっかけは

直上の姉が生まれつきの重度の小児麻痺であったこと

長女がその小児麻痺の彼女を見て育ち、看護師の道を進んだ。

その姿を見て育った私も同じく看護師の道に(^^)

初めての職場、救命救急センターで、死にたくても死ねない人

死ぬ気は無いのに、突然の事故や事件で命を落としてしまう人を見て

命の理不尽さを感じたものの

次第に、「どうやら死ぬことは決まっていたのだ」

ということに気づきました。

その後、透析病院・整形外科・内科・訪問看護を経験して

ホスピス病棟勤務をしたんですね。

ホスピス病棟(余命6ヶ月以内と宣告された末期ガン患者のみ入院できる病棟)

では、治療のためにリンパ節を除去してしまった患者さんが

リンパ浮腫

という状態になることが多いので

勤務内で、リンパマッサージをする必要があったんですが

なんの知識も技術も持っていなかったためリンパセラピーを学んだのでした。

リンパセラピストの道

リンパセラピーを学んでいる際に、リンパ球が成熟する場所が

『胸腺』

であること。

その胸腺は20代をピークに40代では体積が1/10以下になってしまう

ということを知り、愕然としました。

というのも、長女の姉が38歳の時に原因不明の末期ガンと診断され

40歳で他界したのですが

彼女は、20歳の時にその『胸腺』の摘出手術を受けていたんですっ💦

リンパ球は免疫を司る大切な血球

そのリンパ球を成熟させる「胸腺」をピーク前に摘出した・・・

ということは、ものすごく免疫力が低下した!ということが考えられるし、

そもそもガン細胞を毎日やっつけてくれているのは

『NK細胞』というリンパ球なんだよぉぉぉ

なもんで、もしかしたら

姉は、胸腺を摘出しなければ

いや、摘出したとしても、その後リンパ球を増やしたり

成熟させることのできる『腸』を大切にする生活をしていたら

ガンになることはなかったかも・・・?

40歳という若さで、子供を残して他界することはなかったかも・・・

という考えが、ずっと頭の中をぐるぐるしたんです。

姉を失った時の慟哭・・・あんな思いは誰もしない方がいい

姉を助けられなかった無念!もね・・・

前述の「死ぬことは決まっていた」

には矛盾するけど

1日でも抗いたい!

と。思うんですよね。

死ぬことが悪いわけではないけどさ・・・

1日でも長く、自分の人生を全うしたいし、して欲しい!

という思いが強くなった。

病気になってからじゃ遅いんだよ!

看護師になってずっと医療に従事してきたけど

治る病気はほんの少し・・・

西洋医学は救命・救急には優れているけれど

根本的治癒は苦手なんだな。という残念な気持ちが

オリのように積もってしまったのも事実(~_~;)

じゃあ、病気にならなければ良いんじゃない?

という気持ちがどんどん膨らんだんですね。

それと、リンパセラピーは『リンパ球を増やす』ということから

免疫力アップにつながる!

ガン予防になる!

ということを、世の中に伝えていくのも看護じゃね?

と、思い

リンパセラピーサロンを始めたんです

自宅サロンでスタートしてしばらくすると

お客様から

リンパって痩せるんですよね?今度やってくださいぃ

と、言われるようになりまして

リンパといえば痩せる?

リンパセラピーは疲労回復・デトックスに特化してて

さらに、病気を予防してくれる・・・

だけど、この『デトックス』というところで

確かに、余分な水分が排出できるから浮腫みが取れて

サイズダウンはできるの。

でも、それって水分なんですよね(^◇^;)

だけど、リンパを流すにも

セルライトはかなり邪魔!

と、感じていた私は

痩せさせるためではなく、邪魔なセルライトを除去するために

相当優秀なキャビテーションマシン

を、導入した。

ら・・・

みんな、どんどん痩せていった(笑)

当たり前っちゃあ、当たり前

でも、キャビテーションでは太刀打ちできないセルライトもあって

セルライトにもたくさん種類があるってことに気づく

約5年後に、ものすごく画期的なマシンが開発された

それがHi-Fu(ハイフ)

良いマシンだった〜〜!

けど、まさかのメーカー社長が薬事法違反で逮捕(爆)

以後、その機械は使用できず(ToT)

でも〜

それにも勝るマシンを導入して対応したら

衝撃波マシン(カリプソ)

キャビテーション+ENSマシン(キャビマックス・パーフェクション)

連続照射のHi-Fuマシン(ハイックス)

月に一度のお手入れでもちゃんとサイズダウンできつつ

体調も良くなるまでになった!(^^)!

リンパに向き合っているうちに

心と体の密接な関係を肌で感じるようになってきて(^^;)
(そもそも病気と性格・感情はめちゃくちゃシンクロしてるんですわ)

マンツーマンのプライベートサロンなんで

悩み相談を受けることもよくあったもんで

心理学を学んだ

すると、施術中にカウンセリングみたいなことになったりして

喜ばれることも多くなった。

前述したように、感情と性格は肉体にシンクロするので

身体を触ることで、思考癖もわかるようになった。

身体を緩めると、思考も緩む

逆に、思考が緩むと身体も緩む・・・という(^^)

分かってくると、原因はどこに・・・?

となってきて

心理の次に真理を学んだ

私の人生は

多分、人より多くの『死』が近くにあった

同胞が亡くなっているのもそうだけど(私は五人兄弟のうちの末っ子で

私以外はみんな他界している)

それきっかけに、看護師になったからね。

『生死』に向き合うことで

『人生』に向き合うことが多くあったように思う。

私の頭の中は

『なぜ?』

が、いつもあって(^^;)

なぜ、姉は死ななきゃいけなかったのか?

とか

なぜ、病気をする人としない人がいるの?

とか(^^;)

色々学んで、真理までも学んだけど

結局答えは

『決まっていた』

となった。(死は死でないことも分かったけど、それはまた別の機会に)

そうなると、元も子もないじゃないか!

なんやけど

「死ぬことは決まってる。その時期を知らないだけ」

他界する前の多くの患者さんたちが私に話してくれたのは

後悔

の言葉だった。

姉も同じくやはり、後悔の言葉を残した。

それは、人生にやり残しがあったからだと思う。

やり残しがない人生・・・それは無謀だと思うけど

せっかく、この地球に生まれてきたんだから

味わい尽くして旅立ちたいよね〜

その為には

元気な

心と身体が必要なんだと思うんだよね。

私の得た、知識や経験や技術が

みんなのやり残しを少しでも減らすお手伝いができるのであれば

嬉しいな〜

と、思ってます。

私が提供するサービスは

『あなた』

に向き合うので

時には機械を使うし、使わないこともある

お会いした時に「あなた」にとって必要だと感じる

施術をさせていただきます〜

なので、初めての方には

私に期待することを3つ

お聞きしてます。

あなたの人生のパフォーマンスを最大限アップさせるお手伝い

をさせていただきますね!(^^)!

 

あなたの心と身体をより良くするリンパの魔法使い

     エリ先生こと 
      前田えりこ

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

免疫アップ看護師サロン【asante(アサンテ)】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.080-4358-3062

予約フォーム

ページの先頭へ