陰陽から読み解くと「リンパ」は【陰】

この世は「二元性」でできている

って、聞いたことあるかなあ?

二元性=陰陽

わかりやすく言えば

「2つで1セット」

コインの表と裏があるように、どちらか一方が欠けると成り立たない仕組み

 光 ⇔ 闇
 愛 ⇔ 恐れ
 善 ⇔ 悪
 優 ⇔ 劣
 楽 ⇔ 苦
 喜 ⇔ 哀
 生 ⇔    死
 幸 ⇔    不幸
 好 ⇔    嫌

みたいな感じ

どれもこれも、片方だけでは成り立たない

でね・・・

 ⇔      

    ⇔         

地下   ⇔         地上

植物   ⇔         動物

見えない世界 ⇔  見える世界

潜在意識  ⇔    顕在意識

 

気付けるかなあ?

実は、『陰』が全てを生み出している・・・ってことに

そう!

陽は陰から作り出されている!!

血管ってさ見えるやん?(皮膚の下の静脈、青く見えとるやろ?)

だけど、リンパ管って見えないんだよね💧

血管と同じように張り巡らされている・・・

って、言われるけど

見たことない💧

手術室に勤務したこともあるけど

見たことない💧

外科のDr.に聞いたけど

見たことないな〜
リンパ節は、水がジャバジャバ出てきよるけどな

って言われた

存在してるけど、目に見えない・・・なんや幽霊みたいやな。と思ったことがある(笑)

(理由は、血管は血液が赤いから見えるけど
リンパ液は透明やからね。見えにくいっ💧)

リンパ系は、よく下水道に例えられることが多いけど

なんだかんだ言って

免疫に深く関与している

がん細胞をやっつけてくれるのは

リンパ球のNK細胞やし

ウィルスをやっつけてくれるのも

リンパ球の中のTとB細胞が担ってくれている

目には見えない・・・だけど

しっかりと、私たちを病気から守ってくれる役割をしている!

う〜〜ん

深いな・・・

宇宙の法則の中で私たちは生きているから

この法則を活かせば良いだけなんだよね

だから、超〜〜シンプル❤️

複雑にしているのは自分自身がもつれさせてるだけなんだよな〜

と、しみじみ実感する今日この頃

東洋医学では『体液』のことを

津液(しんえき)と言うそうだ

津液の主な働き

1)  皮膚、臓器、五官、のどに潤いを与える

2)  関節、じん帯、筋肉に潤いを与え、体の動きを円滑にする

3)  血液は津液の一部から生成される

ね?やっぱり『陰』から『陽』を産むやろ?

んでもって

氣・血・津液

この3つがうまく循環していれば病気にならない!

と、言われている。

西洋医学に従事した私やけど

病院で働いていた時以上に、なんやかやと勉強した。

結論としては

東洋医学と西洋医学の融合が望ましいな!(笑)

救命救急は西洋医学が得意(東洋医学でもできる名医がいたようやけど)

根本治療は東洋医学が得意

やと、感じるわ。

これもまた陰陽でさ

陰=東洋

陽=西洋

やねん。

融合すると最強やと思うわ〜❤️

と、思っていたら

どうやら、時代が融合の時代になってきてた❤️

これを『アセンション』と呼んだりしているみたい

そんな、エキサイティングな時代に生きていることに感謝しつつ

陰陽バランスを保ちたいものですな!(^^)!

ちなみに、私は超デブなので

『陰の極み』っす(笑)(いやいやアカんやろ💦)

目指せ!中庸!!

今生でたどり着けるやろか?(^^;)

ではでは、皆様は中庸で素敵な「今」をお過ごしくださいませ〜(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

予防医学サロン【asante(アサンテ)】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.06-6930-3030

予約フォーム

ページの先頭へ