Warning: ini_set(): Session ini settings cannot be changed when a session is active in /home/asante-lymph/asante.jp.net/public_html/wp-content/themes/bewitched_v2/php/config.php on line 17
なんかおかしい・・・と思わん? | エリ先生は魔女 - 免疫アップ看護師サロン asante(アサンテ) | エリ先生は魔女 - 免疫アップ看護師サロン asante(アサンテ)

なんかおかしい・・・と思わん?

違和感を感じたのはかなり前な気がするけど

明らかに、おかしいと感じたのは約10年前

ナース友達が新人教育担当を任され、そのために1年間指導者講習を受けに行った。

もうそろそろ終わり・・・という時に

夕飯に誘われたんやけど

えりちゃん。今の新人さんには「間違ってる」も言うたらあかんねん

と、言う

はあ?
間違いは、間違いやん。
どういう意味??

例えば、38.5℃の発熱がある患者さんで、寒くて震えてるとするやん。
そこに、氷枕を持っていく

間違いです!

でも、医師の指示には38.5℃以上で「クーリング」って指示もあるやん?
せやから、間違いとは言えないやろ

と・・・💧

はあ?
そんなこと、素人でもしないよ!
アホなの?

せやけど、今の子は、そうやって言い返してくるねん

はあ・・・・・

例えば、肝生検した夜に「お腹が痛くて、眠れない」と訴える患者さんに、
足浴をする。

間違いです!

でも、不眠の時の処置としては、間違ってないやん?

はあぁぁ?
腹痛が原因で眠れない。やんか
炎症起こしてたら、温めたらもっと悪くなるやんか💢
アホを製造しようとしてるん?
間違ってるって指摘せんと、どうやって指導するねん

その子が、どうしてそういう考え方をするに至ったか?
を、指導者として、その子の生い立った時代、社会背景を考慮して
推察しつつ・・・

そんなことしてる間に、患者さん死んでまうわ!!

誰がそんな指導要綱を作ってるんや!
文部省か?厚労省か?
アホばっかりになってまうなやないかぁっ!

てな、やりとりをした・・・

さて、やっぱり10年くらい前に

お客様の息子さんが熱を出して病院に連れて行った時のエピソードで

37.5℃の熱があって、解熱剤を処方されて、すぐに飲ませるように指示された。

と・・・

⬆️

これ、解熱剤の使用方法としては間違いで

解熱剤は、熱が上がりきった時に使うと

ダーーーーーっと汗をかいて、その汗で、解熱する

だから、汗を拭いて、着替える。を繰り返すと

ケロリと熱が下がる。

なのに、まだ熱が上がってる時に解熱剤を使うと中途半端に効くから、治りが悪い

これって、当たり前のことなのに

最近、6時間おきに解熱剤を服用する病院ばかりになってしまった💧

そもそも、解熱剤なんて頓服で使用するものなのに・・・

なんで、そんな非効率な処方をするんや?

考えられる答えはただ一つ

点数稼ぎ・・・💦

定時で薬を服用させれば

頓服だと1日に1回か2回しか服用することないけど

定時なら、3〜4回、服用することになるからね・・・

これは、どんな業種にも言えることかもしれないなあ

ただ、医療に関しては「人の命」がかかっている。

だからこそ、お金も時間も労力も人は惜しみなく費やす

その真理を逆手に取ってるやり方は、胸糞が悪い💢

業界にいた人間としては残念でたまらない_| ̄|○

近年の医療業界の腐敗っぷりは目に余る(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ただ、救いなのは

コロナ禍のおかげで、医の心を持っている医師と、拝金主義の医師との

区別がつくようになったこと!(^^)!

良い医師をホームドクターに持とう❣️

あなたに必要なご縁がありますように(^^)

どの業界もそうだけど、その分野のプロの方たちとのつながりを持って

何かを決定する前に相談するのが必要な時代になってきたな(^◇^;)

ではでは、今宵も素敵な「今」をお過ごしくださいね〜

水曜までは夏日やったのに、今日は一気に『冬』💦⛄️

体調崩す人がまた多くなりそうだ💧

しっかりお風呂に入って、温めてください(^^)

応援よろしくお願いしま~す♪

  • follow us in feedly

あなたの手のひらが、大切な人や家族の健康を守る手のひらに・・・

免疫アップ看護師サロン【asante(アサンテ)】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館605

スクール【Eriko Lymph Academy】

大阪市城東区関目5丁目2-2 田中ビル1号館401・402

TEL.080-4358-3062

予約フォーム

ページの先頭へ